水洗トイレの詰まりの修理方法

新聞紙やティッシュペーパー等がトイレに詰まってトイレの水が流れなくなったことはありませんか。専門家に頼まなくてもトイレのつまりを自分で修理するには、ちょっと工夫すれば簡単に直すことができるものです。

水道ホースと水道の圧力を利用する方法(私が考えた簡単で確実な方法)

新聞紙やティッシュペーパー等の紙類や生理用品や尿取りパッドのようなものが原因の場合は、次の方法で比較的簡単に修理することができます。これは私が考えた安くて簡単で確実な方法です。私は何回かこの方法で修理しました。

まず、トイレの便器の中が満杯の場合は、少し時間をおいて、水が減るのを待ちます。水が綺麗な場合は灯油用のポンプ等で少し水を抜いてやっても良いでしょう。

水道用のホースを便器の最初の曲がりの奥まで突っ込みます。ホースの他端を水道の蛇口に接続します。次に、ゴミ袋等のビニールを広げて便器の中の水の表面に敷きます。その上に不要になった雑巾のようなボロ布を何枚か敷きます。水が便器の中に少ししか無い場合は、ゴミ袋のなかにボロ布を入れて、それで便器の奥に栓をしてやった方が良いでしょう。

蛇口を全開にします。すぐに便器の中のボロ布の上を両手で押さえつけて水が手前に漏れないようにします。すぐに詰まりは解消して、水が流れる音が確認できるはずです。二人でする場合は、もう一人に蛇口の操作をしてもらいます。この場合は蛇口をいきなり全開にしないで、徐々に開いた方が良いでしょう。

トイレ詰まりを直す市販の吸引カップを使う方法

トイレの詰まりを直すラバーカップの写真

この写真のような市販のトイレ用の 吸引カップ楽天 で詰まりを修理する方法もあります。ビニールの中央に穴を開けてビニールの穴に吸引カップを通してやります。これで便器の中を覆ってやれば、水が飛び散らないでしょう。

次に、カップを押し当てて棒を押したり引いたりします。何度か繰り返すと詰まったものが奥か手前に移動してトイレの水が流れるようになります。

その後、バケツか洗面器のようなもので、水を少しずつ流してやります。トイレのレバーを引いてトイレの水を流すと、詰まりが解消していない場合は、水があふれることがありますので注意します。

トイレ詰まりを直す吸引ポンプのような専用道具を使う方法

市販のトイレ詰まりを直す吸引ポンプのような専用道具(パイプクリーナー)を使うこともできます。便器の排水口にパイプクリーナーを押し付けて、ハンドルを引いたり、押したりを繰り返してトイレ詰まりを除去することができます。これは吸引カップよりも価格が高いのですが、効果が大きいでしょう。

この場合もバケツのようなもので、後で水を少しずつ流してやります。水洗トイレのレバーを引いていきなり水を流すと、詰まりが解消していない場合は、水があふれることがありますので注意します。

硬い異物が詰まった場合

ボールペンやおもちゃのような硬い物が便器の奥に詰まった場合は、上記の方法などではうまくいかないことがあります。比較的小さい物の場合はうまくいくかも知れません。

この場合はパイプを掃除するワイヤーのようなものでつついてやったり、曲げた針金などで引っ掛けて、異物を手前に取り除きます。どうしても取れない時は、便器を外して取ります。こうなると素人では無理な場合もあります。

トイレ詰まりをプロの業者に頼む方法

テレビやチラシ等で「トイレの詰まり8,000円」とかをよく見ます。しかし、8,000円では収まらないのが普通です。業者も商売ですから、利益を確保しようとします。たいてい約15,000円〜約30,000円になることが多いようです。トイレ詰まりで困っていて自分でできない人は、業者に見積もりを依頼してみましょう。