儲け話に注意

最近インターネットを見ていると、いわゆる「うまい話」「だまし商法」が大変多いように思います。またこれらの話に乗ってしまう人も多いのでしょう。また「振り込めサギ」の問題もいつまで経っても減らないようです。

儲け話の特徴

お金の写真

「儲け話」「だまし商法」にはある特徴があります。「私はパソコンの素人ですが、毎月50万円とか300万円とか儲けました。それはあることをしたからです。そのあることの内容を教えるから2万円払いなさい」というような内容が多いと思います。

パソコンが他の事だったり、金額が高額だったり、そのあることの内容が様々だったりしますが、儲けの金額は大変高額です。支払いの金額はたいてい1〜5万円程度です。つまり支払い額は小遣い程度で支払える金額です。

「このようにしたら収入が毎月何百万円にもなりました。海外旅行にも行けました」とか言って、無料のメールサークルやメーリングリストに参加を促すものもあります。その先がどのようになっているのかは知りませんが、重要なメールアドレスや住所、氏名を書くのはやめた方が良いと思います。

株や 商品取引楽天 の勧誘電話もよく掛かってきます。「絶対儲かります」と言うのが特徴です。

これらの特徴を箇条書きしてみると

これらのいくつかが当てはまれば怪しいと考えられます。

儲け話に引っ掛からない為に

そんなに儲かる話なら、またそんなにうまい話なら、他人に教えるよりも自分で密かにやった方がよっぽど儲かります。毎月何百万も儲かる話をしていて1〜3万円程度を払いなさいと言う事自体がおかしいと思います。そんなに儲かっている人がそんな「はした金」を手に入れたがっているのが不思議です。

また他人に教えてしまうとそれをする人が増えて、いずれは教えた人も儲からなくなるはずです。そんなことをするはずがない事は明白です。

このような勧誘をしているサイトでは、広告料を支払ってまでやっている所があります。そこまでしてもおいしい話だという事は、それに釣られた人がその後どのようになるかはわかりますね。

絶対儲かる話は無いと思ってください。本当に必ず儲かる話なら他人には教えたくないはずです。自分でやった方がもっと儲かるからです。自分で密かにやらないという事は、絶対儲かる話ではないという事です。

自分が人をだまして儲けようとしている場合を考えるとよくわかると思います。だまそうとしている相手の立場になって考えると、もし「だまし」なら見抜けるはずです。

これらの話に乗らないうまい方法は無いものでしょうか。だまされる人が居るから、だます人がいつまでも減らないのではないでしょうか。賢い消費者となってこれらの問題を根絶させたいものです。