家庭用消火器の種類と選定と使用方法

家庭用の消火器とは、家庭の小規模な段階の火災に使用される消火設備です。水や粉末消火剤や強化消火液を圧力によって噴射して消火します。一般的によく使われる粉末消火器や水消火器、強化液消火器、泡消火器等様々な商品が市販されています。

火災の種類とそれに使用する消火器の種類

家庭用ABC粉末消火器

火災の種類は次のように、主にABCの3種類があります。消火器もそれぞれに応じたものがあります。

家庭用消火器にはこの写真のような ABC粉末消火器楽天 が一般的に普及しています。これは、重炭酸ナトリウム又はリン酸アンモニウムの消火剤をタンクに充填して、窒素ガスや炭酸ガスの圧縮圧力で薬剤を噴出させる消火器です。

A:普通火災とその消火器

普通の木造の火災のように、木材や紙等が燃える火災をA火災と言います。または、普通火災と呼ばれています。

普通火災を消火するには、水消火器や強化液消火器、粉末消火器等が使われます。消火方法は冷却法や窒息法になります。一般的に市販の多くの消火器で消火することが可能です。

B:油火災とその消火器

家庭で使う天ぷら油や石油暖房等の油による火災をB火災と言います。または、油火災と呼ばれています。

油火災には普通火災に使える水消火器を使うことができません。それは、水を油に掛けると、加熱された油によって水が瞬時に沸騰して爆発したようになり、火災が拡大するおそれがあるからです。

油火災を消火するには、強化液消火器か粉末消火器を使って、抑制、窒息作用による消火を行なうのが一般的です。

C:電気火災とその消火器

電気の配線や電気機器等が燃える場合の火災を、C火災と言います。または、電気火災と呼ばれています。

電気火災を消火するには、水消火器を使用できません。何故なら、水を使うと漏電したり、電気機器に水が掛かると後で使用できなくなるからです。

電気火災には粉末消火器でも消火が可能です。しかし、粉末消火器を使用すると粉末が飛散して、設備にダメージを与えることがあります。二酸化炭素や不活性ガス系消火器を使用すれば、設備復旧がやりやすくなります。

二酸化炭素消火器は、空気中の二酸化炭素濃度が濃くなり、消火作業員の呼吸に支障を来たすことがあります。

家庭用消火器の種類と選定方法

家庭用ABC粉末消火器

家庭用消火器には次のようなABC粉末消火器が一般的に普及しています。これは、重炭酸ナトリウム(重曹)又はリン酸アンモニウムの消火剤をタンクに充填して、窒素ガスや炭酸ガスの圧縮圧力で薬剤を噴出させる消火器です。

燃焼物に粉末を噴射して酸素を遮断して燃焼を停止させます。普通火災、油火災、電気火災のどれにも対応しているので一番多く普及している消火器です。

ABC粉末消火器には、薬剤の重量で3型(1kg)、4型(1.2kg)、5型(1.2kg)、6型(2kg)、20型(6kg)があります。住宅の規模と価格で選ばれるのが普通です。

また、ABC粉末消火器には、ガス加圧式と蓄圧式があります。ガス加圧式は、レバーを握ると全量が放出される解放型がよく普及しています。これは価格が安いのですが、噴射した後は粉末により周囲が白く汚れてしまいます。

蓄圧式には圧力計(ゲージ)がついているのですぐわかります。レバーを引くと粉末が出て、レバーの手を離すと噴出が止まります。ガス加圧式より価格は高くなります。

家庭用ABC中性強化液消火器

どんな火災にも対応でき、後始末が楽で、2次被害の少ない衛生的な小型消火器が発売されています。酢をベースにした食品添加物の成分だけで作られた中性液の消火器だそうです。噴射圧力は蓄圧式が一般的です。製品名はキッチンアイやセーフミストとか呼ばれているものです。

使い方は普通の消火器と同じです。まず、黄色いリングのピンを引き抜きます。次にレバーを握って、火元に向けて薬剤を放射します。

台所用自動消火装置

家庭の台所での火災原因の上位にはコンロ火災があります。中でも天ぷら油火災はその大半を占めています。これを自動的に消火する小型の装置が市販されています。

燃え上がる火炎の温度を自動的に検知して、強化消火剤を上からシャワー状に噴射して消火する装置です。近くに人が居なくても自動的に消火できるので、火傷の心配もありません。便利なものですが、これだけに頼るのはやめましょう。

消化器の設置位置と設置方法

消火器は、どこに置けばよいのでしょうか、どこでもよいということはありません。一般的には、台所等の火を取扱う部屋の入口付近に置きます。

すぐ使えるように普段からよく目につく場所で、倒れるおそれのない場所に置いてください。火災の際には素早く取り出せる場所に置くようにしましょう。

備え付けの高さは棚の上等ではなく、すぐに手の届く範囲にしてください。湿気のある場所や消火器に直接水がかかる場所は避けましょう。本体が錆びていると使用する時に圧力が掛かると、本体が破損して危険です。

消火器に直接日光が当たる場所や、コンロやストーブの近くは温度が上昇するので、寿命に影響しますし、破損の危険がありますので避けてください。

消化器の一般的な使い方

消化器の種類によって使い方が違う場合がありますが、一般的な使い方は次のようにします。まず、黄色の安全ピンを引き抜きます。次にホースを火元に向けます。そして、レバーを握って消火します。

風上から消火を行うようにしてください。風下だと煙を吸うし、火が見えません。約3メートル〜数メートル離れて燃えているものにノズルを向け、火の根元を掃くように使用します。

悪質な消火器の訪問販売には気をつけましょう

訪問販売で高い値段の住宅用消火器を売りつける場合がありますので、訪問販売には気を付けてください。また、消防署員を名乗ったり、「消防署の方から来た」と言って、購入を強要する場合もありますので気を付けましょう。