スレート屋根の塗装(DIYで屋根の高圧洗浄と塗装をする)

セメント瓦やスレート屋根は新築から数年〜10年程度経過すると、塗装がはげたりカビや苔が生えたりして劣化してきます。このようになるのを防止するには、再塗装をして屋根の表面を滑らかにして、水がしみ込まないようにしておく必要があります。

私は田舎のスレート倉庫をDIYで塗装してみましたので、その経過と結果をまとめました。この後、母屋の屋根も塗装しました。(2008年10月)

セメント瓦やスレート屋根の塗装の必要性

セメント瓦や スレート屋根楽天 は何故塗装が必要なのでしょうか。それはセメント瓦やスレート屋根の表面はざらざらで小さい穴が無数に開いているからです。その穴に水がしみ込んで苔やカビが生える原因になります。また、冬にはしみ込んだ水が凍って膨張するので、さらに穴を広げてしまいます。

こうなると、劣化は急速に進んで、屋根の強度が急激に落ちてきます。何年も塗装していないセメント瓦やスレート屋根は上に人が乗っただけで割れることがあります。

このようになるのを防止するには、ペンキで塗装をして屋根の表面を滑らかにして、水がしみ込まないようにしておく必要があります。

屋根の高圧洗浄をする

高圧洗浄機で屋根に付いた塗料のはがれやカビや苔を取る

この倉庫は中古で移設したスレート葺きのものです。元々スレートにはペンキで塗装がしてありました。移設の時、カビや苔もありましたが、高圧洗浄機が無かったので、ワイヤブラシで取っただけで再塗装をしました。

その後3〜5年毎に一回塗装だけをしてきました。今回はこのカビや苔を 高圧洗浄機で徹底的に取ってから塗装をすることにしました。

まず塗装をする前に、この写真のように高圧洗浄機で屋根に付いた塗料のはがれやカビや苔を取ってやりました。高圧側のホースがあまり長くないので、高圧洗浄機を屋根の中央に置いて、水道のホースと電源を接続してやりました。水は井戸水を使いました。

高圧洗浄機の圧力は最高にして念入りにやりましたので、かなり時間がかかりました。ほぼ一日かかりました。業者の仕事が速いのは適度に手抜きをしているからかと思いました。それとも業者の高圧洗浄機の性能が良いのか。(使った高圧洗浄機の圧力は約70気圧 = 7MPa、水量は6.5リットル/分、消費電力は約1.4kWでした)

高圧洗浄したところとしていない部分の比較

高圧洗浄したところと、何もしていない部分

この写真の左部分が高圧洗浄したところで、右部分が何もしていない部分です。

高圧洗浄でカビや苔が取れてきれいに白くなっているのがわかります。

ワイヤブラシなどでこすっただけでは、何回やっても全然綺麗にはなりません。

このようにカビや苔を取って塗装をすると塗料の乗りが良く塗装がはがれる危険性が減ります。

苔がある上に塗装をするとすぐに塗装がはがれてしまいます。

高圧洗浄機の使い方

高圧洗浄と塗装時の注意事項

コーキング補修をする

屋根の破損した部分や少し大きなひび割れ部分は、コーキング剤で補修(コーキング)をします。塗料が上に乗る変性シリコンのコーキング剤を使います。

今回は痛みが激しくないので、特にコーキングの必要な所はありませんでした。

セメント瓦やスレート屋根の塗装をする

高圧洗浄が済んだら屋根をよく乾かしてから塗装(ペンキ塗り)をします。塗装は下塗り、中塗り、上塗りと3回行なうのが良いのですが、倉庫でもあり今回は念入りに上塗り一回だけをしました。

下塗り(シーラー、プライマー)は、屋根と塗料との密着を良くする為に行ないます。中塗りと上塗りは基本的に同じものを二度塗ります。

屋根は約60m2の広さがありますが、一人の作業で刷毛を使って一度だけ塗ったのに1日かかりました。とても大変な作業でした。

連続で作業をしていたら途中で腰が痛くなり、途中から屋根に座り込んでやりました。これで3回も塗ったら3日はかかってしまいます。やはり業者は適度に手を抜いているんだなと思いました。

塗料はスレート屋根用の緑色の水性塗料を使いました。(ニッペホームペイントスレートかわら用、水性)15kg入りの缶の約1/4〜1/3が要りました。少し水で薄めてから使います。

別の現場では、(カンペ水性瓦用つやあり屋根ペン、緑色)を使いました。どちらも使い勝手は同じでした。