排水管(下水管)の悪臭とその対策(トイレ、風呂、台所)

普通の家庭では多かれ少なかれ何らかの悪臭があるものです。トイレや風呂や台所の排水に起因するものが多いようです。排水トラップは、排水の途中に設けた、室内側と排水側とを分断する装置で、悪臭や害虫が排水管から上がって来るのを防止するものです。

家庭排水の悪臭とその原因

初めての家庭を訪問すると、その家の方は気付いていない何らかの臭いがすることがよくあります。ペットを飼っていらっしゃるとその臭いが気になるのは当然です。しかし、ペットが居ないのに悪臭がすることがあります。

悪臭楽天 の主な原因は、トイレや風呂や台所や洗濯機の排水管から漏れてくるものが多いと思います。私は長年、電器店を経営していましたので、各家庭の中まで入ることがよくありました。たいていの家庭で玄関を入った途端に臭うものです。

排水管には、たいてい排水トラップというものが設置されています。トラップが破損していることもありますが、トラップの部品が無かったりして、取り扱いの不備で起こる悪臭もよくあります。

排水トラップとは

排水トラップとは、排水の途中に設けた、室内側と排水先側とを分断する装置で、悪臭や害虫が排水管から上がって来るのを防止するものです。様々な形のものがありますが、必ず水が溜まるような構造になっています。

溜まった水で、室内側と排水側の空気を遮断して、下水の臭いや害虫を遮断する構造です。ちゃんとした排水系統には必ずこのような装置があります。

この排水トラップに水が入っていなかったり、破損していたりすると排水管から悪臭や虫が侵入します。また、ここで紹介していない便器や下水の配管なども同じような構造をして、臭いを遮断できるようになっています。

トイレや風呂場に設置されている普通のトラップ

風呂やトイレの排水口この写真は風呂やトイレに設置されている一般的な排水口です。風呂は毎日のように床に水を流すので、トラップの水が切れることはありませんが、トイレでは毎日水を流して掃除をするわけではないので、トラップの水が切れることがあります。

時々、トラップに水を補給してやる必要があります。そうしないと、下水などの臭いが室内に入ってきます。

一般的なトラップの構造と点検修理

一般的なトラップの構造この図はトイレや風呂場の排水口に設置されている一般的なトラップの構造を示しています。

この排水口には、排水パイプの周りに水が溜まっていて、排水パイプの入り口をお椀のような形をしたもので塞いでいます。また、お椀と排水口の周りには水があります。このように室内の空気と排水パイプの中の空気は、水で完全に遮断されています。

もし、トラップに水が入っていない場合や、臭気止の蓋(フタ)が  無い場合や破損している場合は、空気が遮断できません。この為、排水管内の悪臭や虫が上がってくることがあります。

悪臭を排除しようとして、この状態で換気扇を回すと、排水パイプ内の空気が室内に侵入して、更に悪臭がするようになります。

このトラップには、水が常に溜まっているので、ゴミや汚れで悪臭がすることもありますから、時々掃除をして、水も綺麗なものに換えてください。

洗面所や便器等も基本的には同様な構造をしています。Pトラップとか、U字トラップとか、S字トラップという名前で呼ばれています。

台所の流しのトラップの構造と点検修理

台所の流しのトラップの構造この図は台所の流しのトラップの構造を示しています。シンクの排水口には図のように、ゴミ受け(ゴミ取りフィルター)の下にトラップがあり、お椀のようなもので蓋がしてあります。このお椀と排水口の周りには水が溜まっています。

排水が悪いからと、このお椀を取ってしまう人がありますが、これでは排水管の悪臭を防ぐことはできません。正しくトラップのお椀を設置しましょう。

お椀状のものが割れていたり大きさが合わないものは新しいものと交換しましょう。

排水口と生ゴミ受け周辺も汚れやすいので、時々、綺麗に清掃しましょう。

また、よくあるのは、流しの下の床の排水パイプとそれに挿入されている排水ホースの間の隙間から悪臭が漏れることです。ここには簡単なメクラ蓋(刀のツバのようなもの)を使っていることが多く、それでは悪臭を防ぐことはできません。

パテや耐水テープ等で接続部を完全に塞いで固定して下さい。これは簡単なことですので、必ず点検して、不備ならやってみてください。

排水が悪い場合の二重トラップはやめましょう

排水が特に悪い場合は、トラップが二重に設置してあることがあります。排水枡にトラップが設置してあるのに、更にU字トラップを設置すると、排水の抵抗が増して、排水しにくいことがあります。

最近は排水枡にトラップ枡を使っていることが多く、排水器具側でもトラップが付いていることがあります。排水が悪い場合は点検してみましょう。