ワイド5.4インチ液晶モニターの製作

秋月電子通商の「ワイド5.4インチRGB液晶モニター」と「ビデオ→RGBコンバータユニット」とを組み合わせて、液晶モニターを完成させましたので、製作で工夫した点などを紹介します。

製作方法

この 液晶モニター楽天 はもうずいぶん前に製作したもので、現在では秋月電子通商でも発売されていません。

完成した写真

完成した液晶モニター(前から見た写真)完成した液晶モニター(後ろから見た写真)

自作したワイド5.4インチの液晶モニターです。製作費は約6000円でした。アクリル板を使ってケースを作り、スケルトンのモニターにしてみました。

この液晶は残像が長くあまり激しく動く画像は見にくいのですが、なかなか綺麗に映っているでしょう。(撮影 2003.07.18)

製作する為の材料

ワイド5.4インチRGB液晶モニター 完成品
ビデオ→RGBコンバータユニット 完成品
12V1A ACアダプター 完成品
以上3点はキットに同梱されています。
電源用ロータリースイッチ
2回路3接点 私は2回路4接点のジャンクを使いました
10kΩAカーブの2連可変抵抗器
これもジャンク品
小型スピーカー
8〜16Ω位 私は20Ωのジャンク品を使いました
RCAピンジャック
オーディオ用に使います
アクリル板 アクリル接着剤
リード線 半田類 つまみ類

製作の注意点と工夫した事

まずRGBコンバータユニットを2本のビスでモニター完成品に取り付けます。2箇所だけでは強度が足りないので、もう1箇所を工夫して本体に止めます。

説明書に従って改造する箇所等の変更を行います。

5Vの3端子レギュレータICを基板に直接半田付けします。ICは基板の何もない所へ直接接着剤で固定しました。発振防止用のコンデンサは取り付けしませんでした。

バックライト用の電源は6V〜12Vで動作すると書いてありますが、寿命と明るさと画質を考慮して7Vで動作させるように18Ω2Wの抵抗を電源に直列に接続します。DCプラグの所に直接半田付けしました。DCプラグがよく放熱してくれます。

適当なところまで出来たら、アクリル板を切ってアクリル用の接着剤で組み立ててケースを作ります。モニターの後ろ半分をアクリルのケースで囲みます。本体とは3ミリか4ミリのタップビスで止めます。

音量調整と輝度の調整には10kΩのAカーブの2連の可変抵抗器を使いました。写真のように適当な所に穴を開けます。スピーカーはアクリルのケースの方に取り付けます。小型のスピーカーでも十分な音量が得られました。音声のICは小さいので発熱の問題からスピーカーのインピーダンスは大きい方が問題ないと思います。輝度はAカーブの方が良いように思いました。

電源スイッチは2回路3接点の物で、OFF,ON,バックライトのみOFF の3段階です。これによって音だけ聞きたい時バックライトを消す事が出来ます。こんな事が出来るのは自作の良い点です。こんなことをしないのなら1回路1接点のトグルスイッチでもOKです。

ビデオとオーディオの信号はメカ部分の壊れた古いVTRを使います。このような用途には最適です。

その他詳しくは写真を参照して下さい。