十二支について

十二支とは「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の十二種のことです。これも陰陽、五行、月、時刻に分類されています。十二支を「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」と覚えていくのが一般的です。

十二支とは

十二支とは、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)の12種類ありますから、干支(えと)とも言っています。

十二支には次のように陽支と陰支があり、更に 五行楽天 、月、時刻に分類されています。

十二支

うし

とら


たつ


うま

ひつじ

さる

とり

いぬ

陰陽
12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
時刻 23〜01 01〜03 03〜05 05〜07 07〜09 09〜11 11〜13 13〜15 15〜17 17〜19 19〜21 21〜23
五行
季節 土用 土用 土用 土用
方位 北北東 東北東 東南東 南南東 南南西 西南西 西 西北西 北北西

十二支の覚え方

十二支を「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」と覚えていくのが一般的です。最近の若い人は十二支も知らない人が多いのは驚きです。