VTAバスでサンタナロウのショッピングセンターへ

2013年10月3日にカリフォルニア州のサンノゼ(San Jose)からVTAバスに乗って、ヒルトンホテルの約5km東にあるサンタナロウのショッピングセンターへ買い物に行きました。切符の買い方からバスでの移動などの情報です。

VTAバスとライトレールの切符の自動券売機

バスと路面電車の乗車券の自動券売機

この写真がVTAバスとライトレール( 路面電車楽天 )の乗車券の自動販売機です。この自動券売機は停留所の近くにありました。

まず「1」と書いてある所で切符の種類を選択します。私の場合は「Day Pass」の一日券を選んで購入枚数などを選びます。「Day Pass」は6ドルですので、一日に3回以上乗る場合はこれにします。一回乗る場合の料金は2ドルです。

次に「2」と書いてある所で支払いをします。そうすると「3」の所から切符が出てきます。

切符を買うのには特に難しいことはありませんが、慣れないと戸惑うかも知れません。よく見て字を読めばわかります。

VTAバスやライトレールに乗るにはあらかじめ、行き先の路線番号を調べておきます。行き先を間違えないようにします。

バスを降りる時に知らせる引き紐です

バス停で降りる時に知らせる紐

この写真はバスを降りる時に知らせる引き紐です。この紐を引くと、チャイムが鳴って前方の「STOP REQUESTED」のランプが点灯します。

この紐はスイッチに連結しています。原始的な原理のスイッチになっています。故障が少なく回路が簡単なのが良いのでしょう。日本には無い方式なので戸惑わないようにしましょう。

この紐を引いて、サンタナロウ(Santana Row)のショッピングセンターの近くで下車しました。スマホのGPSを使って、今居る場所を確認しながら行きました。スマホのGPSは反応が少し遅いので、目的地が近くなったら下車の準備をします。

サンタナロウ周辺の地図

こんなハイブリッドバスもありました

VTAバス(路線バス)

この写真のようなエンジンと電気を併用したハイブリッドバスも走っていました。乗っていてとても静かだなと思ったら、電気のエネルギーを使って走っていました。

日本ではまだ見たことのないハイブリッドバスは頻繁に見ることができました。もちろんディーゼルエンジンだけの普通のバスも走っています。

バスを2台連結した超大型のバスも時々見ました。牽引免許が必要なバスです。

アップルストアーでiphone5を購入

サンタナ・ロウ・ショッピングセンター内のアップルストアー

サンタナ・ロウのすぐ北のビーチウッドアベニュー(Beechwood Ave)にあるアップルストアーで、関空から一緒になった人がphone5のSIMロックフリー版を購入すると言うので一緒に行きました。ショッピングセンターに着いて一番に行ったのに、もう行列が出来ていました。

約45分待って店内へ入りました。適当なテーブルの隅で立ち話をするように、店員がハンドヘルド端末を操作して購入することができました。

日本のドコモショップなどとは全く違った店の対応方法でした。

適当なレストランで昼食です

サンタナ・ロウ・ショッピングセンター内で食べたハンバーガー

昼頃になったのでショッピングセンターの近くで適当なレストランに入りました。

注文の仕方がなかなか解らなくて、ウロウロしました。テーブルに座って待っているとメニューが来ました。

よく解らないので、ハンバーグならと思って適当に注文しました。来たのがこの写真のものです。

まあ、これなら食べられそうです。15ドルぐらいだったかな、チップも15〜20%支払いました。分量は十分ありましたが、全部食べられました。

サンタナ・ロウの広場のチェス

サンタナ・ロウ・ショッピングセンター近くの路上にあったチェス

レストランを出て道を歩いていたら、広場に大きなチェスがありました。路上でチェスができるようでした。

サンタナ・ロウのショッピングセンターで「Paper Source」という雑貨屋があったので小物の土産物を買いました。

この後、またVTAバスに乗ってサンタクララ駅に向かいました。

サンタクララからカルトレインに乗ってパロアルト(Palo Alto)に行って、スタンフォード大学へ行きました。詳しくは別ページで。