ページスピードインサイト(外部サイトの影響排除の有無)

グーグルのページスピードインサイト(PageSpeed Insights)はサイトの表示スピードの診断が簡単にできるページですが、広告やSNSなどの外部サイトの表示が遅いとその影響も診断されてしまいます。外部サイトは自分ではどうしようもありません。外部サイトの影響を排除した診断ページも紹介します。

ページスピード・インサイトとは

サーバーの写真

ページスピード・インサイト(PageSpeed Insights)とは、グーグル(Google)が公式に提供しているウェブページの表示速度を診断するツールのページの事です。

ウェブページをパソコン(PC)やモバイル(スマートフォン)で見た場合の、ページのファーストビューとその表示速度評価を点数で表示確認することができます。また、必要な修正箇所と修正方法も簡単に指示してくれます。

実際、この情報だけでページを修正するのは難しい場合が多いようです。検索して関連情報を表示して試行錯誤する必要があります。

モバイルの表示では、スマートフォンでのユーザービリティにも配慮したユーザーエクスペリエンスの評価もしてくれるのが特徴です。

これで満点が取れれば全ての対策が施されているということで、大変良いのですが、普通はそう簡単には満点は取れません。

普通のページスピードインサイトページ

普通のページスピードインサイトページでは、広告やSNSなどの外部サイトからの表示も含めた、本来のページスピードを診断してくれます。しかし、自分のページに可能な限りの全ての対策を施しても一般的には100点満点にすることはできません。

一般的なページでは、広告やSNSのボタンなどの表示は外部のサイトから表示させているので、自分のページにいくらスピード対策を施しても、それ以上は速くすることはできないのです。

もちろん、広告やSNSボタンなどの外部サイトの影響が全く無いページでは100点満点を取ることも可能です。

外部サイトの影響を排除したページスピードインサイト

外部サイトの影響を排除したページスピードインサイトページでは、該当のサイトでの問題だけのページの 表示スピード楽天 を診断してくれるようにできます。

これは、グーグルアドセンスのホーム画面にある「スコアカード」の「マルチスクリーン」をクリックした時に表示されるページスピード診断ページと同じです。前者のページに次のパラメーターを付けてアクセスしても表示されます。

?utm_source=pubinsights&filter_third_party_resources=true&hl=ja&priorityGroup=usability

このページで診断すれば、自分のサイトで対策可能な問題だけを抽出できますし、どこまで対策できたのかを的確に表示することができます。

PHPを使って自ページの診断用リンクを表示する

PHPを使えば、自サイトのページで、外部サイトの影響を無視したページスピードインサイトのページを表示させるリンクを下記のように張ることができます。

<a href="https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?utm_source=pubinsights&amp;filter_third_party_resources=true&amp;hl=ja&amp;priorityGroup=usability&amp;url=<?php echo "http://".$_SERVER['SERVER_NAME'].$_SERVER['REQUEST_URI']; ?>" target="_blank">PageSpeed</a>

私は全ページにこのリンクを表示させて、更新する毎にページスピードをチェックしています。とても便利ですよ。