ショートカットキーの活用方法

ショートカットキーを覚えれば便利なのはわかっていても、アプリケーションソフト毎にショートカットキーが違うのなら、覚えてもなかなか活用できません。しかし、ショートカットキーは共通に使えるのもたくさんあります。

パソコンの写真

次にパソコンで共通によく使うショートカットキーの例を示します。共通といっても中には使えないアプリケーションもありますので、万能ではありません。すぐに全部を覚えなくても、使えるものから使っていると便利になってきます。

マウスで操作できない アプリケーション楽天 でも、ショートカットキーなら操作できることがあります。ツールバーが消えた場合でも操作できます。また、アプリケーション間での操作(コピぺ)にも便利です。

共通によく使う、Ctrlキーを使ったショートカットキー

Ctrl+C (コピー)
コピーしたい範囲をマウスでドラッグする等で色を反転(選択)させてからキー操作をします。
Ctrl+X (切り取り)
切り取りたい範囲をマウスでドラッグする等で色を反転(選択)させてからキー操作をします。
Ctrl+V (貼り付け、ペースト)
コピーまたは切り取りした内容をカーソル位置に貼り付けます。
Ctrl+S (ファイル保存)
作成したファイルを保存します。新規に作成したファイルの場合は、「名前をつけて保存」に、既存ファイルの場合は「上書き保存」となります。
Ctrl+N (ファイル作成)
ファイルを新規に作成します。
Ctrl+O (ファイルを開く)
既存ファイルを開きます。
Ctrl+A (全てを選択)
ファイル内のすべての項目を選択します。
Ctrl+F (検索)
ファイル内の任意の文字列を検索します。
Ctrl+H (置換)
ファイル内の任意の文字列を別の文字列に置き換えます。
Ctrl+Y (やり直す、Redo)
前の状態に戻した修正を再度行ないます。
Ctrl+Z (元に戻す、Undo)
操作した動作を元に戻します。
Ctrl+左クリック (選択)
Ctrlキーを押したまま、マウスの左ボタンで選択すると、飛び飛びの項目の選択ができます。
Ctrl+リンクを左クリック (新しいタブで表示)
Ctrlキーを押したまま、ブラウザのリンクをマウスの左ボタンでクリックすると、新しいタブで表示します。リンクを右クリックして「リンクを新しいタブで表示」を選ぶより早くて便利です。
Ctrl+マウスのホイール (文字サイズの切り替え)
Ctrlキーを押したまま、マウスのホイールを回転させることにより文字サイズを変更できます。

共通でよく使う、Shiftキーを使ったショートカットキー

Shift+左クリック (選択)
選択範囲の始点にカーソルを置いてShiftを押しながら選択範囲の終点を左クリックして反転選択します。
Shift+リンクを左クリック (新しいウィンドウで表示)
Shiftキーを押したまま、ブラウザのリンクをマウスの左ボタンでクリックすると、新しいウィンドウで表示します。
Shift+矢印キー (選択範囲の短縮、伸長等、ドラッグと同じ)
一度選択して反転させたものを更に、選択範囲の短縮、伸長をする時に使います。全く選択していなくてもカーソルの周りを選択できます。

Windowsキーを使ったショートカットキー

Win+D (デスクトップを表示)
Win+M (画面を最小化)と似ていますが、デスクトップを表示します。もう一度操作すると元に戻ります。
Win+L (画面をロック)
画面をロックしますので、一時的に席を外す時に便利です。