デイサービスの特徴と利用方法

デイサービス(通所介護)は、介護保険を使って老人介護施設などに日帰りで通って生活援助サービスなどを受けるサービスです。家族以外の人と交流し、会話や運動をすることによって心身のリフレッシュをし、QOLの向上にもなり、健やかに長生きすることにもつながります。

デイサービスとは(特徴)

老人の画像

デイサービス(通所介護)とは、介護保険を使って、老人介護施設などに日帰りで通って生活援助サービスなどを受けるサービスのことです。

一般的には施設が用意した送迎バスに乗ってデイサービスセンターに通い、レクリエーションや食事や入浴などのサービスを受けます。

このようなサービスが無いと、要介護者は家に閉じこもりがちになってしまうのです。家族以外の人と交流し、会話や運動をすることによって心身のリフレッシュをすることができます。それが、QOLの向上にもなり、健やかに長生きすることにもつながります。

矢掛町周辺のデイサービス施設

岡山県小田郡矢掛町内のデイサービス施設としては、公的なものは「介護老人保健施設たかつま荘」があります。

民間では「小規模多機能ホームぼちぼち」や「やかげの里デイサービスセンター」や「デイサービス本陣」や「星成デイサービスセンターしらゆり」や「特別養護老人ホーム矢掛荘」や「おぐら整形外科のデイサービス」などがあります。

矢掛町の周辺にあるデイサービス施設としては、公的なものは井原市美星町にある「特別養護老人ホーム長楽園」があります。

民間では、総社市の「特別養護老人ホームセレーノ総社」や「和デイサービスセンター」や倉敷市真備町の「シルバーセンター後楽デイサービス」や「デイサービスセンター米寿」や「ライフタウンまび」や井原市の「特別養護老人ホームみずき」や「デイサービスセンターよつばいばら」などがあります。

デイサービスの利用方法

介護保険楽天 を使いますので、まず介護認定をしてもらいます。これは市町村の保健福祉関係の部署で相談します。民生委員やケアマネージャーなどに相談しても良いでしょう。

介護認定の結果、要支援の場合は地域包括支援センターで介護予防ケアプランを作成してもらいます。要介護1〜4の場合はケアマネジャーにケアプランを作成してもらいます。そのケアプランに沿ってデイサービスを受けることになります。

要支援にもならない場合は、このサービスを利用できません。その場合は自分で買い物に出掛けたり、趣味の会に参加したりウォーキングをしたりして生活を楽しみましょう。

デイサービスの内容

事業者の施設によって、提供されるサービスの内容は様々です。食事では、利用者の体調に合わせてメニューを作るところもあれば一律に同じメニューのところもあります。頻繁にメニューを変えて、飽きないようにしているところもあれば、変わり映えしないメニューのところもあります。

レクレーションや入浴についても、同様に施設によって様々です。利用する場合は要介護者を連れて一度見学に行った方が良いでしょう。他の利用者に聞いたり、近所での評判を参考に施設を選ぶのも良いでしょう。

介護者の負担軽減となります

デイサービスを受けると、介護を行なっている家族にもメリットがあります。介護の時間の代わりに、家事や外出や趣味の時間をとることができます。

自分の親の介護であっても、一日中介護していると疲れてしまいます。要介護度が上がると、自宅での入浴が難しくなってくるので思い切って通所型サービスを利用してみましょう。

費用負担

介護保険を使いますので、利用者の負担は1割だけですので、安くて手軽に利用することができます。寝たきりにならない為にも積極的に利用しましょう。