トヨトミ石油ファンヒーターのエラーコード(自己診断)

トヨトミ石油ファンヒーターが故障した時、本体に見慣れないランプの点滅やエラーコード(自己診断)を表示することがあります。これが何を意味するのか判らないと効率的な修理はできません。トヨトミ石油ファンヒーターのエラーコードのリストです。

トヨトミ石油ファンヒーターのエラーコード(自己診断)

石油ファンヒーターの写真

トヨトミ(TOYOTOMI、トヨストーブ)の 石油ファンヒーター楽天 (強制通気形開放式石油ストーブ)が故障又は不具合となった時のエラーコード(自己診断)表とその故障内容です。機種によっては違う表示になることがあります。


E-0
過熱防止装置が作動しました。温風空気取り入れ口や温風吹き出し口(ルーバー)を掃除してください。ストーブの周囲の障害物を取り除いてください。内部やファンに埃が付いていることがあります。
F-0
停電消火後電源が入りました。タイマー運転待機中に停電して、その後電源が入りました。
E-2
消火後すぐに点火操作をしました。点火安全装置が作動。燃焼部にシリコーン酸化物などが付着しました。
E-5
本体を傾けたり、強い振動や衝撃を受けた為、自動消火しました。地震により自動消火しました。
E-6
換気不良、手入れ不良、その他の異常により、バーナーへの空気の供給が不足して、自動消火しました。換気をします。燃焼空気取り入れ口(吸気フィルター)の掃除をします。フレームロッドにシリコーン酸化物などが付着しました。
HHH1,HHH2,HHH3
不完全燃焼防止装置が連続して作動しました。E-6と同じ。
HHH4
換気しないでそのまま使い、再び不完全燃焼防止装置が作動しました。この場合は再点火防止装置が働き再点火はできません。販売店に連絡してください。(修理が必要です)
E-7
室温が33度C以上になりました。
E-8
ブロアモーターが停止しました。
CL:05
クリーニング燃焼中。約5分間カウントダウンします。強燃焼で約2時間以上の連続運転をすると、自動的にクリーニング燃焼となって火力が落ちます。
E-1,F-1,F-9
修理が必要な故障です。

以上のエラーコード表(自己診断)は、あくまでも不良の目安となりますが、この通りでないこともよくあります。