ダイニチ石油ファンヒーターのエラーコード(自己診断)

ダイニチ石油ファンヒーターが故障した時、本体に見慣れないランプの点滅やエラーコード(自己診断)を表示することがあります。これが何を意味するのか判らないと効率的な修理はできません。ダイニチ石油ファンヒーターのエラーコードのリストです。

ダイニチ石油ファンヒーターのエラーコード(自己診断)

石油ファンヒーターの写真

ダイニチ(DAINICHI)の 石油ファンヒーター楽天 (強制通気形開放式石油ストーブ)が故障又は不具合となった時のエラーコード(自己診断)表とその故障内容です。機種によっては違う表示になることがあります。


E00
停電安全装置が動作した。一時停電したか、電源プラグが抜けかかっていたなどで自動消火した。
E01
対震自動消火装置が動作した。地震や強い振動や衝撃を受けたので自動消火した。
E02
点火安全装置が動作した。着火ミスをしたり、油フィルター、油受皿やタンクに水やごみがたまったため、自動消火した。燃料の油切れ。
E03
燃焼制御装置が動作した。燃焼途中で灯油の供給が停止し消火した。炎検出装置が炎を検出できなくなった。フレームロッドにシリコーン酸化物が付着した。
E04,E50,F00
気化器異常高温。気化器が異常と判定されて安全装置が動作した。
E05
燃焼中気化器温度低下した。運転中に気化器の温度異常と判定された。油受け皿内の灯油に水が混入していないか確認する。
E06
予熱時間異常。気化器ヒーターの断線や気化器サーミスターの異常。
E07
室温異常高温防止装置が動作した。室温が異常に高温(40度C以上)になったため自動消火した。
E08
ルームサーモがショートした。室温センサーの異常です。
E09
過熱防止装置が動作した。燃焼、温風空気取入口やファンフィルター、温風吹出し口が物でふさがれたり、埃がたまったため、自動消火した。
E11
給油時消火装置が動作した。運転中にカートリッジタンクを抜いたので、安全装置が動作した。
E13
換気が点滅、不完全燃焼防止装置が動作した。密閉した部屋で使用した場合、不完全燃焼を防止するため、自動消火した。換気してください。
E53,F03,Err
運転入/切スイッチを押し続けた。
E56
気化器サーミスタがオープンとなった。気化器が異常と判定されて安全装置が動作した。
E57,F07
予熱時間異常。気化器が異常と判定されて安全装置が動作した。
F02
周波数判定不能。発電機等の使用で50/60Hzが判定できない。
F06
気化器サーミスタがオープンとなった。気化器が異常と判定されて安全装置が動作した。
F15,F0d
アース電位異常。室温センサーの絶縁不良。
HHH
不完全燃焼防止装置が連続動作した。(修理が必要です)

以上のエラーコード表(自己診断)は、あくまでも不良の目安となりますが、この通りでないこともよくあります。