ドイツの森(岡山農業公園、クローネンベルク)

赤磐市のドイツの森はドイツの農園を元々の地形や自然を生かして再現しています。広々とした農園の羊や牛や馬とのふれあいをしながら、石畳の道や農園内を歩けばドイツへ行ったような気分を味わえます。農業公園内で作ったパンやワインやソーセージ等を味わうのもいいものです。

ドイツの森(岡山農業公園)について

ドイツの森の入門ゲートの写真

クローネンベルク・ドイツの森は岡山県赤磐市仁堀中2006番地の約50haの丘陵に作った農業公園です。簡単に言えば、農業を主体にした遊園地のようなものです。

うわさには聞いていましたが、ドイツの森に行ったことがなかったので、家族や孫達と出かけてみました。

大きな駐車場に車を置いて上がって行くと、この入門ゲートに来ます。この日は土曜日でしたので、入場者はまばらでした。(2009年11月7日)

ドイツの森(岡山農業公園)へのご案内

所在地

岡山県赤磐市仁堀中2006番地

営業時間

3月〜12月は9:30〜17:00(土日祝は18時まで)、1月〜2月は10:00〜17:00(この間に休園日あり)

入園料

大人800円、小人400円、シニア65才以上400円、犬300円、3才以下は無料、障害者割引、冬期割引あり

交通

岡山市から30km、車で約50分

岡山駅から宇野バス「湯の郷温泉・林野行き」または「仁堀行き」で1時間「仁堀下」下車すぐ

駐車場

無料2,000台、大型バス30台

電話 086-958-2111
地図 ドイツの森付近の地図
その他

食べ物の持ち込みは手作りのものはOKです。弁当持参の方が良いでしょう。

ペットは犬のみ可。犬には必ずリード(引き綱)を付けること。

ドイツの森のホームページ

街並広場、チューチュートレイン

チューチュートレインの写真

ゲートを入るとまず、街並広場に出ます。 レストラン楽天 、是里ワイナリー、街並屋台、バーベキューハウス、マイスター工房、マイスターショップ、グルメ体験教室、クラフト体験教室等があります。

次にその上のチューチュートレインに乗って園内を一周しました。料金は300円でした。トレインと言っても機関車が2輌の客車を引いていて、線路ではなく道路をタイヤで走ります。

一周約10分です。乗ってみると園内にどのような施設があるのかがよくわかります。園内の広さもだいたい把握できます。最初に乗ってみる事をお勧めします。

池とボート乗り場、SL機関車

池とボート乗り場の写真

公園の上の方に上がると広場のような所に出ます。ここには大きな池があって、ボートに乗ることができます。足こぎのボートは数も形も様々で多くありボート遊びが楽しめます。料金は3人乗りが500円、4人乗りが700円程度だったと思います。

池の周りには電動のSL機関車が客車を引いて走っています。これも一度に多くの人が乗ることができますが、土曜日なのでいつも乗客は2〜3人でまばらでした。(300円/周)

芝すべりゲレンデ、遊びエリア、牧エリア

芝すべりゲレンデの写真

池の近くに芝すべりゲレンデがあります。ソリに乗って人工芝の上に敷いたシートの上を滑ります。登りは徒歩になります。(料金は300円/20分)

この他にもアーチェリー、バズーカ砲、ゴーカート、変形自転車、パターゴルフなど遊びの施設もたくさんありました。料金は全て有料で、少し高めな気がしました。子供連れで一日遊ぶとかなりの出費になります。

また、牧エリアでは羊やヤギやミニブタやウサギと放牧場で遊んだり、ポニーへの乗馬なども楽しめます。わんわんふれあい広場やドッグランもあります。ジャージー牛の乳搾り体験もあります。

ブドウ畑と石窯工房、地ビール工房、多目的ホール等

ブドウ畑と石窯工房、地ビール工房、多目的ホールの写真

池の少し下に、ハーブ畑、ブドウ畑、石窯工房、地ビール工房、多目的ホールがあります。ブドウ畑にはドイツから輸入したワインにする小粒のリースリング種のブドウを植えてありました。

赤磐市とドイツのナーエ地方のヴェルハウゼン村とは平成5年よりワインを通じた友好関係を築きあげているそうです。

ここの石窯工房で焼いたミックスフルーツのパンを食べてみました。干しブドウとリンゴが入っていたようでした。熱々で美味しく頂きました。ピザも焼いていました。