効果的な歯磨き方法

最近では歯磨きは誰でも毎日行なうのが常識です。人によっては毎日歯磨きをしなくても、虫歯が全くない人もあるようです。虫歯がなくても歯磨きは必要です。効果的な歯磨きについて考えてみました。

歯磨きの目的

歯磨きのイラスト

歯磨きは何の為にするのでしょうか。歯を磨かないと、汚れが付いて美しくないからということもあります。しかし、主な目的はプラーク(歯垢)を落とすことです。

歯垢(しこう)は歯の表面に付いた細菌のかたまりです。歯垢が原因で、虫歯になったり、歯石が付いたり、歯槽膿漏等の歯周病になったりします。

歯と歯ぐきを歯ブラシ等で、磨いたりマッサージをすることで、これらの歯周病を予防することができます。もちろん歯を綺麗にすることも目的のひとつです。

効果的な歯磨き方法

歯磨きには色々な方法がありますが、全体的にただ磨くのではなく、歯を1本ずつ確実に磨いていく感じで磨くのが良いようです。

歯ブラシの毛先部分を歯と歯肉の境目に直角に軽く当てて、軽く小刻みに振動させるように磨くと綺麗に歯垢を落とすことができます。

歯ブラシを横に動かすだけでなく上下にも歯ブラシを動かして磨きます。歯ブラシを縦に当てて磨いたり、上下左右に動かしたり、またはグルグル回すように磨くのも効果的です。

毛先が開いた歯ブラシでは歯磨きが効率的にできないので早めに交換するようにしてください。歯ブラシは安いものですから、ケチケチしないことです。

客観的に見て、歯垢を除去できているかどうかを確認するには、プラーク染色剤(歯垢染色液)を使います。

電動歯ブラシを使う方法

普通の歯ブラシで歯を磨くだけでも十分、歯垢を除去する事はできるのですが、どうしても手で磨いた場合は磨き残しが多くなります。そのような場合は電動歯ブラシを使ってみてください。

最近の電動歯ブラシの性能は素晴らしく、手で磨くよりも歯垢(プラーク)を除去できる確率が高いのです。積極的に電動歯ブラシを使用してみることも良いかもしれません。

音波振動の電動歯ブラシのお勧め

音波振動歯ブラシドルツ

最近人気があるのが、歯垢(プラーク)除去性能が高いといわれている音波振動歯ブラシです。高速振動で手の動きだけの歯磨き方法では届かないような歯と歯の間の歯垢も高速振動で除去できるようです。

私もこの写真のようなパナソニックのドルツという 音波振動歯ブラシ楽天 を買って試してみました。歯磨き剤を付けずに磨いても、歯の汚れがよく落ちます。歯と歯の間も、歯ブラシを軽く当てるだけで綺麗になります。

音波振動の電動歯ブラシの使い方は、普通の歯ブラシと基本的には同じです。手で動かす速度を遅くしてやり、あまり歯に押し付けないようにします。あとは、音波振動でうまく汚れを落としてくれます。

一度、音波振動歯ブラシを使うと、手動の歯ブラシでは、よく磨いても汚れが残っているような気がしてしまいます。音波振動歯ブラシが手放せなくなってきました。

歯磨き剤について

正しい歯磨き方法なら、十分に歯垢を取ることができますので、特に磨き剤は必要ないと思います。しかし、歯磨き剤を使用すれば更に綺麗になります。

最近では歯周病菌の殺菌作用があるという成分を配合した歯磨き剤も販売されているようです。しかし、歯磨き剤には、研磨剤も配合されていますので、毎回使っていると、歯の表面のエナメル質が削れて、知覚過敏になったりしますので使い過ぎには注意しましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスの使用

歯ブラシだけで歯垢を完全に除去する事はまず無理です。歯磨きだけでは歯と歯の間などに付着した歯垢を完全には除去できません。このような場合は、歯間ブラシやデンタルフロス等の補助用具を使用するのが効果的です。