老眼の原因とその予防方法

老眼は年齢を加えると共に発症してくるのが普通です。しかし、年齢を重ねてもなかなか発症しない人や、若くても老眼の進んだ人が居るのも事実です。老眼とその予防方法について考えてみました。

老眼(ろうがん)とは

老眼とは老視とも言い、一般的には近くの物も遠くの物も見えにくくなることです。程度の差はあれ人間なら避けて通る事が出来ない老化現象で、視力障害の一種です。

近くが見えにくくなるばかりでなく、遠くも見えにくくなるのが特徴です。しかし、一般的には近くが見えにくくなって気が付くことが多いと思います。

カメラで言うと、元々、被写界深度が近くの方が狭く(浅く)、遠くの方が広い(深い)からです。近くが見えにくいだけの遠視とは別のものです。

眼球の構造と目の働き

眼球の構造図 眼球の構造はこの図のようになっています。眼球の一番前に角膜があります。黒目の部分です。

その後ろに虹彩と呼ばれる瞳があります。日本人では黒目の中の茶色の部分です。その後ろにカメラではレンズに相当する透明な水晶体があります。

老眼の主な原因は、眼内の透明な凸レンズの役割をしている水晶体の調節機能が 加齢楽天 によって衰えて弾力性が少なくなる為です。

眼で物を見る仕組みは次のようになります。

老眼(ろうがん)になるしくみ

このように目で物を見る時には毛様体という筋肉で水晶体の厚さを調整してピント(焦点)を網膜に合わせています。

近くを見る場合は水晶体を厚くしてピントを合わせ、遠くを見るときは水晶体を薄くしてピントを合わせるのです。

加齢によって、この毛様体筋や水晶体が老化して動きが悪くなったり、硬くなったりします。そして、レンズの厚みをうまく調節できない状態になります。

これが老眼と呼ばれるものです。従って近くも遠くも見えにくい状態になります。普通は、近くを見る時、レンズをとても厚くしなければならず、これができにくいので、近くが見にくいように感じます。

老眼の症状

今までは見えていた本や新聞等の近くの文字が見にくくなったり、目が疲れやすくなったり、少し離すと良く見えるようになったりします。白内障のような症状を伴うこともあります。老眼の主な症状は次のようなものです。

老眼の予防(老眼になるのを遅らせる方法)

目は脳の一部です。脳をよく使っている人は老眼になるのも遅いようです。と、言うのは、80歳近くなった人で、文章を書いたり、短歌や俳句を作ったり、詩吟やカラオケをしたりして出歩く機会が多く、人との関わりを多く持っている人が私の知り合いにいらっしゃいます。

その方は、老眼鏡も使わずに何でもできるし、車の運転も裸眼でできるそうです。やはり、必要な機能は使えば鍛えられるものなんだと思います。

老眼を防止する為には、若い時から、下記のような健康に気をつけておく必要があります。歳をとってから急に対処しようとしても遅すぎます。

でも、諦めて何もやらないよりはマシです。次のような点に気を付けて毎日の生活をしてください。

眼の病気は栄養バランスが大切なのを実感しました

老眼に限らず、特に眼の病気は栄養のバランスがとても大切です。私は45才頃に妻の入院で、食生活が乱れた時期がありました。ちょうどこの時、視力が突然落ちて、眼科にかかると「老眼の始まりです」と言われました。

この時の症状は、運転中に道路の中央線が近くは一本なのに、遠くへ行くと二本になっているのに気が付きました。また、テレビの修理中に回路図の細かい字がとても見ににくくなりました。その上、とても目が疲れるのです。

しかし、妻が退院してバランスの良い食事になると、視力はすぐに元に戻りました。今は、もう還暦がずいぶん前に杉田というのに、まだ老眼にはなっていません。遠くも近くも眼鏡なしで見えます。

45才の頃に眼科医に「老眼の始まりです」と言われたのは眼科医の間違いだったことになります。

ブルーベリーの薬効成分は老眼にも効果があります

ブルーベリーの実の黒色や紫色の部分に多く存在する色素のアントシアニンは、アントシアンのうち、アントシアニジンがアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のことです。

これはフラボノイドの一種で、抗酸化作用や視力回復効果がよく知られています。ブルーベリーは老眼にも効果があります。ブルーベリーを食べるとアントシアニンの効果で活性酸素が抑えられるからだと考えられています。

老眼の治療方法

老眼になると、日常生活で老眼鏡や遠近両用眼鏡や老眼用コンタクトレンズを使用するのが普通です。老眼は原因が老化なので、老化の治療方法が無いのと同じで老眼そのものの治療方法は基本的にはありません。

しかし近年は伝導性角膜形成術という、老眼治療、老眼手術が日本でも行われるようになってきました。その治療を行えば、老眼鏡や遠近両用メガネに頼らなくてもよい時代になるのかもしれません。

しかし、私はバランスのとれた食事をすることで、老化を遅らせることができるし、その方が全身にとって良い方向だと信じています。

老眼鏡について

もし、老眼だと診断されたら、見えにくいのを我慢せずに老眼鏡を作りましょう。老眼鏡を作るには、軽い近視や正視や遠視の人には凸レンズを、強い近視の人には凹レンズの度を弱めたレンズを使用するのが普通です。

老眼鏡を作る時には、例えば読書のときは目からの距離が30cm、パソコンを使う時は40cm等のように、用途に応じて老眼鏡作るのが重要です。

老眼鏡のジオプトリーとは

ジオプトリーとは、焦点距離(m)の逆数です。凸レンズの場合、焦点距離 0.5m の場合は 1/0.5 = 2 となり プラス2ジオプトリーとなります。

凹レンズの場合も考え方は同じで、値はマイナスになります。度が強い程ジオプトリー数の絶対値は大きくなります。