嘔吐下痢症(症状と原因と治療)

嘔吐下痢症(おうとげりしょう)には子供がよくかかります。突然嘔吐が続いた時か、その後に今度は水のような下痢となります。嘔吐は1日〜3日でおさまります。下痢は約1週間も続くことがあります。

嘔吐下痢症とは(症状と原因)

主に冬に乳幼児によく流行する病気にロタウイルス、ノロウイルス、腸管アデノウイルス等による嘔吐下痢があります。これは、下痢便の色が黄色や白色がかっているのが特徴です。ちょっと酸っぱい感じの臭いがします。また、下痢や嘔吐だけでなく、風邪のように熱が出たり、鼻水が出たりもすることがあります。

冬だけでなく、他の季節でも嘔吐下痢症には罹ります。子供ばかりでなく、大人でも嘔吐下痢症になることがあります。ウィルスですから人から人へ伝染します。

嘔吐下痢症の治療

嘔吐と下痢は、体内の ウイルス楽天 を体外に排出しようとする体の防衛反応です。この為、無理に嘔吐と下痢を抑える必要はありません。

子供が元気がなかったり、嘔吐が続いていたり、腹痛が続くようなら早めに受診してください。嘔吐しても水分補給は必要です。脱水がひどく、嘔吐が収まらない場合は入院が必要なこともあります。

安静と水分補給

まずは安静にして寝かせてください。脱水を防ぐ為に少しずつ水分を与えてください。市販のスポーツドリンクのような電解質が含まれている水分が良いでしょう。少し塩分を加えた方が良いようです。一度に飲むと返って全部吐いてしまいます。少しずつ飲ませましょう。

下痢が収まるまでは自宅で安静にしてください。周りの人への感染を予防し、体力の回復を待ちましょう。

食事の注意

食べ物より水分の補給を優先します。しかし、子供が食べたいと言えば、消化の良いものを少し与えます。脂っこいものよりあっさりとしたものが良いでしょう。牛乳はあまり良くありません。

お尻と手と衣類は清潔に

小さい子供は、頻繁な下痢の刺激でお尻が荒れることがあります。お尻を綺麗に拭いてやりましょう。このような時に温水洗浄便座はとても有効です。用便の後はしっかりと石鹸で手洗いを行ないましょう。

タオルは頻繁に変えましょう。また、タオルは個人別として、家族で共用するのはやめましょう。できれば、小さいタオルを使って、毎回変えるのが良いでしょう。

吐いた物や便が付いた衣類はハイターのような漂白、殺菌のできるもので洗いましょう。他人に感染するのを防ぐことができます。

嘔吐下痢症の薬

抗生物質
原因がウイルスなので抗生物質は効果がありません。しかし、ひどい熱や咳等の症状の緩和や2次感染を防ぐ目的で使われることがあります。
整腸剤
ひどい下痢で腸内に必要な腸内細菌まで流されてしまいますので、腸環境を整える為に使われます。下痢が止まっても飲んでもかまいません。
下痢止め
場合によっては下痢を止めてしまうのは良くないこともありますが、ひどい下痢の時には下痢止めが使用されることがあります。毎回の便の様子を確認しながら飲む必要があります。水のような便から少し固くなってきたら、薬を飲むのをやめてみます。下痢止めは必要以上に飲んではいけません。
吐き気止め
あまりひどく吐く場合は、吐き気止めを使うことがあります。坐薬を使うこともあります。

幼稚園、保育園、学校に行けるのは

嘔吐や下痢がひどい時は休んでください。下痢がおさまったら幼稚園、保育園、学校に行っても良いでしょう。目安は、他の人へウイルスをうつさないようにできるのなら行っても良いということです。