風疹の予防方法(妊婦と予防接種)

妊娠初期の女性が風疹にかかると、心疾患や難聴や白内障や運動機能の発達障害など先天性風疹症候群の子供が生まれる可能性があります。これらを避ける為にはワクチンの予防接種がとても大切です。

風疹とは

風疹は三日 はしか楽天 とも言われるウイルス感染症の一種です。従来、一度風疹にかかった人は免疫ができる為、二度とかからないといわれていました。しかし、何年も経つと免疫が低下して、まれに大流行の時に再感染することがあります。

私達が子供の頃は、感染しても学校を休むのは2〜3日程度で、ほぼ全員が免疫を持っていたように思います。2013年には首都圏や関西圏を中心にして全国に拡大する勢いとなって問題になっています。

風疹自体は症状が軽くあまり問題になりませんが、妊娠初期に妊婦が感染すると、先天性風疹症候群の子供が生まれることが問題です。現代でも風疹に対する効果的な治療法は無く、今日ではワクチンによる予防が最も効果的です。

風疹の原因と症状

風疹の感染の原因は、感染者から飛散する鼻汁などに含まれる風疹ウイルスによります。潜伏期間は発疹の発症前2〜3週間程度です。風疹の発疹が出現してから数日〜1週間程度で完治します。

風疹の初期の症状は風邪のような微熱や頭痛や鼻水や咳等です。風疹特有の症状は発熱を伴って小さい赤い発疹が顔から全身にできることです。耳の後ろや首のリンパ節が腫れてくるのも特徴のひとつです。

風邪の症状とよく似ているので最終的には血液検査で風疹に対する抗体を調べて診断するようです。その他の血液検査の結果として白血球減少や血小板減少などがあります。

風疹の予防方法(ワクチンの予防接種)

日本では小児期に風疹と麻疹の予防接種が行われていますが、風疹/麻疹の予防接種をしていない人が多いようです。妊娠可能な女性で風疹抗体が無い人はワクチンの接種が最も効果的です。

MR(麻疹風疹混合ワクチン)の予防接種をしても免疫ができるまでに2週間程度掛かりますので、妊娠の可能性のある人は早めに予防接種をしましょう。

また、男性でも風疹に掛かったら女性にも移す可能性がありますので、ワクチンの予防接種をするべきです。

風疹/麻疹の予防接種の費用

風疹と麻疹の予防接種には保険が効きませんので、自費ですることになります。一般的に費用は3000〜6000円程度のようです。子供の場合は公費で予防接種ができる場合もありますので、詳しくは各自治体に尋ねてください。

風疹の予防方法(マスクをする)

風疹は感染力が特別強いということはありませんから、感染しないようにマスクなどを確実に着用して、できるだけ人ごみを避けるのも良いかも知れません。また、手洗いやうがいをしっかり行うことも重要です。

風疹や麻疹(はしか)やおたふく風邪は、私が子供の頃は皆が学校で掛かっていました。頬が赤く腫れた状態でも学校に通っていました。走ったり笑ったりしたら頬が痛かったのを覚えています。どうせ掛からなければならないものならば、若いうちに掛からせてしまうのが良いような気がします。