ドライアイの原因、症状と治療方法

パソコンやスマホの画面を見続けたり、夜遅くまで仕事をしたりテレビを見たりすると、目がゴロゴロしたり、視力が低下したりしてドライアイになることがあります。ドライアイの新しい治療薬として、「ムチン」の分泌を促す「ジクアホソル」と「レバミピド」という2種類の目薬が注目されています。

ドライアイの症状

目の中がゴロゴロしたり、光をまぶしく感じたり、目が痛かったり、物がかすんで見えたりして視力が低下したと感じたことはありませんか。これらの症状や目の疲れや目の乾きを感じたらそれはドライアイかも知れません。

ドライアイの原因

ドライアイはその名前の通り、目が 乾燥楽天 することが原因となって起こる病気です。目というものは表面が光っていて、いつも涙で潤っています。涙があることで、角膜などに酸素や栄養を届けたり、目の表面のゴミや細菌を洗い流したり、目の表面を滑らかにしたりしています。

何らかの原因で涙の量が減少したり、その質が変化したりして、涙の機能が衰えている状態がドライアイです。次のように原因は色々あります。

まばたきの回数の減少

パソコンディスプレイやスマートフォンなどの画面を見つめていると、まばたきの回数が減ります。そうすると涙腺を刺激する回数や角膜に涙を行き渡らせる回数も減ります。

乾燥した空気

冷房によって除湿されたり、暖房で温度が上昇することによって相対的に湿度が下がります。このように乾燥した空気の中に居ると目の表面の涙が蒸発して乾いてきます。

ストレスや夜型生活による

身体に掛かるストレスも良いことはありません。ストレスで涙の分泌量が抑制されたり、目の縁のマイボーム腺の働きが低下して涙の中の油分が少なくなることがあります。

夜は昼間より涙の分泌量が減るので、涙の分泌量が少ない夜に行動するのは良くありません。パソコンやテレビやゲームで目を使うのは昼間にしましょう。

実用視力を低下させるドライアイ

実用視力を低下させる原因のひとつとして涙がうまく行き渡らないことにあります。涙というものは、まばたきをすると、均一になめらかに目の表面に広がっていきます。その為、目の表面の細かな凹凸が無くなり、物が見易い状態になります。

実用視力が低下した人は、まばたきしても、目のところどころに涙が行き渡らない所ができて、目の表面が凹凸の状態になってしまいます。これがドライアイの正体です。

医師によるドライアイの治療方法

医師によるドライアイの治療は、涙に近い成分の点眼液をさして涙を補給したり、涙の質を改善する為にヒアルロン酸を含む目薬を点眼したりします。

また、涙を増やす方法で有効なものが無いので、まぶたの奥から分泌された涙を有効に活用するために、涙点を塞ぐ治療法が有効です。シリコン製の涙点プラグという栓を涙点に挿入して涙点を塞ぎます。

ドライアイの新しい治療薬

ドライアイの新しい治療薬として、「ムチン」の分泌を促す「ジクアホソル」と「レバミピド」という2種類の目薬があります。これらは眼科医がドライアイと診断したときに処方される処方薬で市販されていません。この情報はNHKのためしてガッテンで放送されていました。

「ジクアホソル」の価格は、保険適用で3割負担の場合、約500〜600円/月です。また「レバミピド」は、同様に、約1000円弱です。詳しいことは医師に相談してください。

ドライアイの予防方法

意識的にまばたきを多くすることもドライアイの予防になります。加湿器などを使って室内の湿度を下げ過ぎないようにします。長時間連続してパソコン作業などをしないで、定期的に休憩をして気分をほぐすことが大切です。

夜型の生活を改めて昼間に仕事をしたり、テレビを見たりします。また、パソコンや読書で近くを見る時は老眼鏡などの適切なメガネを使用する