アドセンスアカウントを別のグーグルアカウントに変更する

アドセンスアカウントを取得後、別のグーグルアカウントに付け替えたいことがあります。この場合、決して、グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除してはいけません。別のユーザーを招待して、管理者を変更することで、アカウントを変更することができます。

アドセンスで使用するメールアドレスを変更したい場合

アドセンスには登録したけど、グーグルアカウントのメールアドレスを別のものに変更(移行)したいことがあります。 プロバイダー楽天 のメールを使用していて、プロバイダーを変更する場合などがこれにあたります。

この操作は誤解する人が多く、グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除する人が絶えません。グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除しても、アドセンスアカウントは削除できません。

アドセンスアカウントに別のユーザーを追加する

グーグル本社前のアンドロイド

グーグルアドセンス(Google Adsense)の管理者でアドセンスにログインしてから、管理画面の右上の「歯車マーク」をクリックして、「設定」をクリックします。

「アクセスと認証」をクリックして「ユーザー管理」を表示させます。その後、招待したいユーザーのメールアドレスを入力して「招待」をクリックします。

管理者でない場合は、「アクセスと認証」のリンクが表示されません。

ユーザーの管理者を変更をする

ユーザーの一覧の中の追加したユーザーの「管理者」にチェックを入れます。その後、ログアウトして、追加したユーザーアカウントでログインします。新管理者のメールに「AdSenseアカウントに招待されました」というメールが来ているので、メールの中のリンクをクリックします。

新しいユーザーでアドセンスにログインしてから、古い管理者を削除すればアドセンスのメールアドレスが新しいアカウントに移行できたことになります。

他人のアカウントには変更できません

同一人物の場合は、アドセンスアカウントの移行ができますが、他人との間では移行することができません。これができると、アドセンスの譲渡ができることになります。他人との間では、ユーザーの招待はできます。

また、アドセンスの名義や振り込み先の名義も特別な場合を除いて変更はできません。特別な場合とは、結婚などで苗字が変わった場合などです。

絶対にしてはいけない事

グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除するのは、絶対にしてはいけません。グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除しても、アドセンスアカウントは削除されません。それどころか、グーグルアカウントが無いので、アドセンスアカウントに永久にアクセスできなくなります。

グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除してしまったら

もし、グーグルアカウント毎アドセンスアカウントを削除してしまったら、まずは、早めに グーグルアカウントの復旧 をしてみます。復旧に成功すれば、復旧したアカウントでログインします。

アドセンスアカウントにログインできなければ、 ログインに関するトラブルシューティングを試してみます。

グーグルアカウントの復旧が無理な場合は、 アカウントのログインに関する問題で、運転免許証などの身分証明書を添付してグーグルに問い合わせることで解決できます。